オンラインひたじこ会開催しました!

1/21(火)の夜に、1回目となるオンラインひたじこ会を開催しました!

今回は大学生1人と社会人2人の3人でまったりとZOOM(ビデオチャットサービス)でひたじこをしました。

オンラインではありましたが、ZOOMの性能の良さに助けられ、いつも通りに会の進行ができました!(しかも家でくつろぎながらなのでめっちゃ気楽)

ZOOM様様です。

さて、今回の話題として印象に残ったのは、以下の2つのテーマです。

1.「自分のしたいことは仕事にできるのか」

自分は〇〇をして人に喜んでもらいたいが、〇〇を仕事にしたら、その人からお金をとることになって、損得の感情が芽生えてしまって、本心で〇〇できないのではないか。だから、仕事にしたいとは思わない。しかし、それ以外のことに興味がないので、自分としてどうありたいかモヤモヤしている。

2.「〇〇したいけどできてない。どうしたらいいか?」

自分は、近い将来〇〇をしたい。でも、それに必要な知識やノウハウがなく、いまの状態では〇〇できそうにない。でも、だからといって本気で勉強できてもいない。どうしたらよいかモヤモヤしている。

この2つは、別々のモヤモヤにみえて、本質的には同じモヤモヤだと私は思います。

ひたじこ会には、「自分がしたいことが分からない」「何かしたいけどできていない」という方が参加されますが、その多くが、優しくて、完璧主義の方です(私も含めて)。

この状態では人に迷惑をかけてしまう。自分はまだまだレベルが低いので〇〇できない

そういったキーワードが頻出します。この2つのモヤモヤは、優しくて完璧であるがゆえに自分を肯定できていないことからくる不安です。

そんな方を救う言葉をご紹介します。

「もうすでに〇〇できてるやん」

です。

絵を仕事にしたいと言う人は、もうすでにプロの画家です。誰が何を言おうと、すでに何個か作品を作って、人に見せて、喜んでもらってるという事実は変わりないのだから、レッキとしたプロの画家です。

イベントを開催したいと言う人は、もうすでにイベンターです。誰が何を言おうと、自分のしたいことを私に話してくれている時間は、間違いなく参加者2名の貴重なイベントです。もうすでに、イベントを作っているのです。

資格が必要なものではない限り、「〇〇したい」と言ってくれている方は、すでに〇〇している方だと思います。新たな一歩を、すでに踏み出して歩いているチャレンジャーです。

走ったことのない人に走れというのは難しいですが、すでに走ったことがある50m走15秒の人があと0.01秒早いタイムで走るように頑張るのは比較的ラクですし、気持ち的にも「やってやろう!」感が出て、結果的にどんどん早く走れるようになります。

ただ、自分一人では、視野が狭くなって、周りの強者が目について、自分が走れることを忘れてしまう。

そのことに気づかせる「もうすでに〇〇できてるやん」って、魔法の言葉なんですよね。

このことは学術的にも証明されていて、過去の達成経験を本人に認知させることで「自分はやればできるんだ!」という自信を表す概念である自己効力感が向上します。

ひたじこは、そんな気づきを、自分と全く違う属性の人との対話によって生み出すことを目的としています。

いろんな人との対話によって、自己効力感をどんどん上げていって、自分らしくイキイキとしている人ばかりになる世の中を実現していきます。

ひたじこ会は、オフライン版(実際に会う形式)を大阪で毎月1回、オンライン版(ビデオ会議形式)を毎週(企画中)1回していますので、ご興味のある方はぜひ参加してみてください!

hitajico代表 松本健吾

 🔻ひたじこ会の開催情報を配信しています‼️友達追加をお願いします‼️