自分は何がしたいか分からない場合の意思決定法

「自分は何がしたいか分からない」「一歩を踏み出せない」場合に、より良いキャリアへと一歩を踏み出す方法を、意思決定の理論をもとに解説します。

キャリア意思決定理論

キャリア理論のなかでも、意思決定の理論として有名なのはジェラット、ヒルトンです。

この記事では、それぞれの理論を紹介し、意思決定をする方法について探っていきます。

ジェラットの意思決定理論

ジェラットは、意思決定は以下のプロセスを経て行われると述べました。

1.判断することを決める。

2.情報を集める。

3.取りうる選択と、各選択の結果を予想する。

4.各選択の結果が、どれほど自分の価値観・興味関心にマッチしているかを評価する。

5.可能な選択肢を目的や目標に照らし合わせ、基準をクリアしたもので決定する。

一歩を踏み出せない方は、1~5のなかで、自分がどこでつまづいているか、チェックしてみると良いかもしれません。

ヒルトンの意思決定モデル

ヒルトンは、個人の自己概念や希望、期待、職業観等の「前提」と外界からの情報との間に生じた不協和(ミスマッチ)の解消が意思決定の過程であると述べました。

分かりやすく言えば、不協和(ミスマッチ)が生じた際には、

1.自分の前提(価値観・期待など)を変える努力をする。変えられるのであれば、それでOK

2.前提を変えるのが不可能であれば他の職業を検討して、ミスマッチが生じないかをチェックする

3.ミスマッチがあれば1に戻る。なければ、その職業に決定する。

というように、いかにミスマッチを我慢できる範囲に抑えるか、というのが、この方法の特徴です。

もし、いまの状況にモヤモヤしているならば、そのモヤモヤがどこに由来するのかを今一度深掘りして考えてみるといいかもしれません。

 

自分のしたいことを見つけるためには

「何がしたいか分からない」「したいことはあるけど行動できていない」

そんな方には、知り合いのキャリアコンサルタントに相談するか、自己理解のための対話型ワークショップ「ひたじこ」をお勧めします。カウンセリングほどハードルが高くなく、雑談がてらに気軽に参加できるので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中