人生の転機には4つのパターンがある

ナンシー・シュロスバーグが提唱した4Sトランジション・モデルは、キャリアは転機の連続であり、転機を乗り越える力が大切であると説いています。

転機には4つの種類があるとされています。

 

4種類の転機
① 人生役割の変化:結婚して家庭を持つ
② 人間関係の変化:既婚社員との交流が増えた
③ 日常生活の変化:家事、育児等に時間を費やす
④ 自己概念の変化:なによりも家族を1番にしたい

さらに、これらの転機を受け入れ、乗り越えるための4つの方法を挙げています。

転機を乗り越える4つの方法

① 状況[Situation]
ex) 起こり得るリスク、メリット、必要なこと/もの、いつまで続くか
② 自己[Self]
ex) 何が嬉しいか、何が悲しいか、何が大事か、仕事状況、稼ぎ
③ 支援[Support]
ex) 家族、友人、会社の社員、サービス、公的機関、民間団体
④ 戦略[Strategy]
ex) 優先順位を決める、最適な行動を定める

 

4つの軸をもとに、現状を整理し、具体的な行動に移してきましょう。

 

自分のしたいことを見つけるためには

「何がしたいか分からない」「したいことはあるけど行動できていない」

そんな方には、知り合いのキャリアコンサルタントに相談するか、自己理解のための対話型ワークショップ「ひたじこ」をお勧めします。カウンセリングほどハードルが高くなく、雑談がてらに気軽に参加できるので、ぜひ一度覗いてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中