お役立ち知識

キャリアの8割は偶然によって決まる

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が20世紀末に提唱した「計画された偶発性理論」。

「キャリアは100%意のままにコントロールできない。8割は偶然の出来事によって決定されている」というキャリア論の一つです。

 

VUCA(不安定・不確実・複雑・曖昧)時代とよばれるいま、すぐ先の未来でさえ、誰も予想ができないと言われいます。それゆえ、計画通りにいかないのは当たり前。綿密な計画立てよりも、”偶然を掴み取る力”が問われているのです。

計画された偶発性理論のポイント

①キャリアの大部分は偶然の出来事によって成り立っている事実がある。

②キャリアに満足している人は、偶然を積極的につくりだし、自分の可能性を広げ続けている。

③見通しのない将来に、不安を抱きすぎても意味はない。

④好奇心・持続性・楽観性・柔軟性・冒険心、5つの行動指針を持てば、偶然が見つかる。

計画された偶発性理論を提唱した米国スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授は、多くの人が歩んだキャリアを調査した結果、キャリアの大部分を偶然が占めている事実を発見しました。

クランボルツ教授が解説しているキャリア論の内容を踏まえると、いまの時代、キャリアに満足できる人の特徴は以下が挙げられます。

・唯一無二の仕事を見つけようとしない
・先が見えないことを不安に思い過ぎない
・選択肢を絞りすぎず、オープンに構えている
・想定外の出来事を前向きに捉える姿勢がある
・目の前のことに集中している

計画された偶発性理論によると、偶然の出来事を”ただ待ってる”だけではなく、”自ら生み出す“ことが重要であることがわかります。

偶然の出来事を生み出すためには5つの行動指針を大事にしましょう。

①好奇心 [Curiosity]
たえず新しい学習の機会を模索し続ける

②持続性 [Persistence]
失敗に屈せず、努力し続ける

③楽観性 [Optimism]
新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考える

④柔軟性 [Flexibility]
こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること

⑤冒険心 [Risk Taking]
結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

⑥開放性 [Openness]
自分の想い・気持ちを周りに向けて発信する

計画された偶発性理論が提唱しているのは、目標や計画に”とらわれ過ぎない”姿勢が大事だということ。目標や計画が要らないわけではありません。

 

目標を立てることは、”方向性を定めること”です。「こういう仕事がしたい」「こういう感じになりたい」「こういう人でありたい」、漠然とでも決めておきましょう。目標が全くないと、偶然の出来事を掴みにくくなります。

漠然とでも目標を掲げていると、こんなチャンスが舞い込むかもしれません。

 

自分のしたいことを見つけるためには

「何がしたいか分からない」「したいことはあるけど行動できていない」

そんな方には、知り合いのキャリアコンサルタントに相談するか、自己理解のための対話型ワークショップ「ひたじこ」をお勧めします。カウンセリングほどハードルが高くなく、雑談がてらに気軽に参加できるので、ぜひ一度覗いてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中