第7回ひたすら自己紹介の会開催しました!

 

10/28(日)、第7回目のひたすら自己紹介の会を開催しました!

今回は、サークルメンバーでエンタメと哲学が大好きな蓑田さんに、アニメやライブなどから垣間見える東洋思想についてひたすら語ってもらい、そのあとひたすら自己紹介しあう、という流れでした。

「アイドル」と「花魁」。「2.5次元」と「能」。「ライブ」と「一遍上人」。現在流行っている若者の文化を紐解けば、それは昔の日本にもあったといいます。

 

日本人の伝統的な考え方のなかには、「完全への諦め」「物には実体がなく、境界があいまい」「一体感の希求」などの特徴があり、アニメ・ゲーム・音楽など日本で流行るエンタメにも、よくよく照らし合わせて考えてみれば、それらの特徴が表れていることがわかります。

まさか!って感じですが、話を聴けば「なるほど~~!!」と思うことが多く、とても勉強になりました。こうやって、答えがなかったとしても自分の中で問い続けたり、考え続けて、他の人と話し合うのって結構大切だと改めて思いました。

 

そんなアツいお話をしていただいた蓑田さん、じつは、音楽とアニメで人生が変わった経験をお持ちでした。人生を救ってくれたエンタメに感謝して、自分もなにかしたい!と、めちゃめちゃ熱く語っていただきました。

人間のターニングポイントというのは、ほんとうに分からないものです。ふとしたきっかけで行ったイベントで人生変わったりする人もいれば、身近な誰かの影響で変わったり、非常につらい経験で変わったり、音楽で変わったり。

それは突然やってくるかもしれないし、じわじわくるかもしれない。

もしかすると、自分を変えたいとモヤモヤしている瞬間に、感度が高くなって、そのとき何らかの刺激があればすなわちターニングポイントなのかもしれませんね。

つらい思いをして、死にたくなるくらい悩んでいるとき、本来備わっている「生命力」の非常ボタンが押されて、自分で自分らしい環境を作ってしまう。

そんな力が、人間にはあるのかなー、と思った今回の会でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中